どうして私は花粉症なの?

花粉症にお悩みの方、辛いですよね。そんなあなた、なぜ、あなたが花粉症なのかご存知ですか?遺伝?それとも後天性?ここでは花粉症の原因と治療法など、花粉症の根本となる悩みの点を中心に詳しく述べていきます。

花粉症の女性

人はどうして花粉症になるのか

今や国民病と言っても過言ではない花粉症。主な原因であるスギやヒノキなどの花粉が舞う季節になるとあちこちで辛いと嘆く声が聞こえてきます。
その花粉症が起こるメカニズムを知っていますか?花粉症は花粉が原因となるアレルギー性の病気です。
人間の身体には体内に侵入してきた外敵を取り除こうとする働きが備わっていますが、人によっては特定の物質に対しこの働きが過剰な反応を示すことがあります。
花粉症は花粉に対して過剰なアレルギー反応を起こすことが原因となっています。
そのメカニズムを簡単に説明すると、まず最初に「花粉」という異物(アレルゲン)が侵入すると身体はそれを受け入れるか排除するか考えます。
次に侵入者を排除すると判断した場合リンパ球が「IgE抗体」を作り花粉(抗原)と反応させます。
抗体ができた後に再び花粉が侵入すると鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合し化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉をできる限り体外に排除しようとするのです。
その結果くしゃみで花粉を吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりにして侵入を防ぐなどのおなじみの症状が出てくるというわけです。
また、近年花粉症の患者が増えているのには理由があります。まずはスギ花粉の増加。
昭和30年代に盛んに植林されたスギが成育したのに手入れもされないまま放置されていることが花粉の飛散量を増やしています。
また気密性の高い住宅が原因でダニやハウスダストなどによるアレルギー体質の人が多くなっています。
さらには食生活の変化、大気汚染、ストレスによる自律神経の不調もあげられます。
発症する確率はそれまでに花粉を吸ってきた量が関係するため今現在花粉症ではない方も極力花粉を身体に侵入させない対策をとるべきでしょう。それでも花粉症になってしまったらアレグラなどで治療しましょう。

花粉症の症状まとめ

鼻づまりをはじめ鼻水やくしゃみ、喉の痛みや発熱、頭痛など花粉症と風邪の症状は酷似しています。
花粉症と風邪を見極めるためには、鼻水の状態を調べると良いです。
花粉症は、風邪に似ている症状が出やすく、症状も千差万別なので、素人目では判断が難しいものです。
頭痛や発熱、鼻づまりやくしゃみといった症状が続き、風邪薬を飲んでも治らない場合には、花粉症であったという事例が珍しくありません。
こういった違いを見分けるためには、鼻水のチェックが最適なのです。
まず、着目すべき点が、粘度と色についてです。
風邪の場合に生じる鼻水というのは、初期段階においては、透明で粘度が低いものの、数日後には粘度が高く黄色みを帯びたものに変化します。
ところが、花粉症の場合では、粘度が低い上に、いつまでも透明な鼻水が出続けます。
また、粘着性が低いことにより、常にティッシュで押さえていなければ、口元まで垂れてきてしまうというのも特徴です。
そして、くしゃみの回数でも判断することができます。
風邪の時も、くしゃみは伴いますが、花粉症のように何度も続けて出ることはありません。
さらに、花粉症が起因となり、発熱がみられることもあります。
花粉により、鼻の粘膜が炎症を起こすことで、脳に対し十分に酸素が届かなくなり、発熱や頭痛が生じます。
花粉が影響している時の発熱は特徴的で、自宅に居る時は平熱であるものの、外出中には体温が上昇するという変化が起こります。
このように、花粉症と酷似している症状ですが、最も厄介なのが、併発してしまった時です。
併発してしまうと、ますます自己判断が困難になってしまうので、異常を感じたらすぐに病院に行くようにすると良いでしょう。

薬を使わないでできる花粉症の緩和方法

花粉症は、薬に頼らなくても、日々の食事から改善することができます。
しかし、実は食事のみならず、飲み物からも改善することが可能です。
一般的に、食事から改善することは、よく知られているものの、飲み物で対処できるということは知られていないので、花粉症の症状が一向に良くならない場合は、試してみる価値があります。
しかも、飲み物であれば、好きなタイミングで飲用できるので、食事療法よりも注力することが可能です。
まずは、花粉症対策として、お茶が挙げられます。
ポリフェノールやカテキンがたくさん含まれているので、薬を飲むよりも高い効果が感じられる場合があります。
冷たいお茶よりも、温かいお茶を、一定の頻度で口にする方が好ましいです。次に、赤ワインが挙げられます。
アルコール飲料といえば、あまり健康的な飲み物ではないという考えられ方がされますが、実は赤ワインにはポリフェノールが豊富に入っています。
ただし、アルコール飲料であることには変わりないので、やはり飲み過ぎは禁物です。そして、青汁も効果的です。
栄養ドリンクとして、最も認知度が高い青汁は、苦手な方が多いのですが、花粉症に対し、とても高い効果を発揮するので、花粉の飛散シーズンだけでも我慢して飲むと良いでしょう。
また、近年青汁に次ぐ人気となりつつある、黒酢も良いです。
黒酢には、アミノ酸がたくさん配合されており、アミノ酸の作用により、鼻づまりや目の痒みが解消します。
さらに、酢には人間の粘膜を強める働きがあるので、花粉により弱まってしまった粘膜の回復させたり、より一層強くすることができます。
即効性は無いものの、飲み続けることで、花粉症の影響を受けない身体になります。