花粉症にお悩みの方、辛いですよね。そんなあなた、なぜ、あなたが花粉症なのかご存知ですか?遺伝?それとも後天性?ここでは花粉症の原因と治療法など、花粉症の根本となる悩みの点を中心に詳しく述べていきます。

花粉症の女性

セチリジン塩酸塩の適応症と副作用

セチリジン塩酸塩はアレルギーの症状を抑えるためによく使われる薬です。アレルギーが発症するときにはヒスタミンという体内物質が関係しており、セチリジン塩酸塩はヒスタミンの受容体をブロックしてヒスタミンの働きをおさえることでアレルギー症状を緩和することが期待できます。
セチリジン塩酸塩の適応症はアレルギー症状全般で花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎やダニやハウスダストで起こる通年性のアレルギー性鼻炎、じんましんや湿疹のかゆみなどに効果があります。セチリジン塩酸塩は、アレルギーの原因そのものを治す薬ではなく、症状を抑えることができる薬であることを理解しておきましょう。
セチリジン塩酸塩は、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、余計な作用がおさえられているため口の渇きや尿の出が悪いなどの副作用がほとんど確認されていません。
使用性が低いため脳に入り込みにくく、眠気が出る人もいますが従来の薬と比べると眠気がやや軽い得特徴があります。副作用が軽減されていることからアレルギー全般に広く使われるようになっています。また、比較的速く効果を実感することができ効果の持続時間も長いため、服用すると間もなく効果が出始め、長く聞くことがメリットです。
くしゃみや鼻水に効果を実感する人が多く、鼻づまりや目のかゆみにも有効です。アトピー性皮膚炎の人のかゆみの軽減に処方されることもある薬です。セチリジン塩酸塩は、小児に対する効能や用法、用量も正式に認められている薬なので、大人だけでなく子供も飲むことができます。アレルギー性鼻炎があり、くしゃみや鼻水、鼻詰まりや目のかゆみが続く花粉症やハウスダストアレルギーの人やじんましんや湿疹、皮膚炎になりやすくかゆみが出やすい人など症状が出たときや予防をしたいときに飲んでいる人が多い一般的な薬です。

セチリジン塩酸塩の副作用について

花粉症やハウスダストのアレルギーによりくしゃみや鼻水などの症状をおさえたり、じんましんや湿疹、皮膚炎などのかゆみを抑えたりする効果があり、一般的によく使われるセチリジン塩酸塩は副作用が少なく、効果をスピーディに実感できる薬です。持続時間も長く、大人でも子供でも服用することができるためよく使われている薬ですが、人によっては眠気や倦怠感、頭痛などを感じる場合があります。
比較的眠気が軽い薬とされていますが、副作用の程度は人によって様々なので運転をしないなどの注意が必要です。また、眠気や倦怠感、頭痛などがなくても集中力や注意力が低下したり、持続することができなくなったりする場合があるので、運転をはじめ、機械の操作など危険を伴う作業などは避けることが必要です。

セチリジン塩酸塩の飲み合わせについて

セチリジン塩酸塩の飲み合わせについては、ほとんどの場合問題ありませんが、ぜんそく治療薬などと相互作用を起こす可能性があります。
他の薬との併用では他の薬の副作用のリスクが高まってしまう可能性があるので病院で医師に他の薬との相性を診断してもらってから服薬することをおすすめします。
セチリジン塩酸塩を使用しているときに、安定剤や睡眠薬など脳の神経をしずめる薬と併用すると眠気やふらつきなど神経の副作用が強まる可能性があります。一緒に飲まないようにしたり、医師に相談したりすることが必要です。
セチリジン塩酸塩を服用しているときにアルコールを摂取すると眠気の副作用が出やすくなるので、飲酒を控えてください。花粉症の場合には、予防的に花粉が飛び始める直前から使用を開始することが効果的です。症状がいつもあるという人は早めに薬を手元に置き花粉が飛び始める直前から服用を始めることをおすすめします。
セチリジンは比較的副作用が軽く、眠気や倦怠感、頭痛が出る場合がありますが安全性が高く使いやすいので人気があり、服用している人が多い薬です。