花粉症にお悩みの方、辛いですよね。そんなあなた、なぜ、あなたが花粉症なのかご存知ですか?遺伝?それとも後天性?ここでは花粉症の原因と治療法など、花粉症の根本となる悩みの点を中心に詳しく述べていきます。

花粉症の女性

パイナップルにアレルギー反応がある人は花粉症が多い

口腔アレルギーや果物アレルギーという病気を知っていますか?
例えば、パイナップルなどの果物を食べて、口の中がかゆくなったり、喉がイガイガする、ヒリヒリするなどの症状が現れた口腔アレルギーかもしれません。果物を食べてから約15分以内に起きる事が多いです。果物アレルギーを引き起こす果物にはいろいろありますが、もも、りんご、キウイ、バナナ、パイナップルなどに反応することが多いです。これらの果物は、同じ科の果物であれば、同じようにアレルギー反応を起こす可能性が高くなります。例えば、ももやリンゴ、なし、いちごは同じバラ科の果物なので、ももにアレルギーがあれば、りんごやなし、いちごにも反応する可能性は高くなるのです。

果物アレルギーを起こす人は、花粉にも反応することが分かっており、果物アレルギーの人は、花粉症である確率が高くなります。さらに、果物の種類によって反応する花粉の種類が決まっています。
例えば、パイナップルのアレルギーがある人は、スギ・ヒノキの花粉症の人が多いと言われています。パイナップルだけでなく、スギ・ヒノキに反応するひとは、メロンやキウイ、マンゴー、なしなどの果物にアレルギーがある人が多いです。
花粉症の人が必ずしも果物アレルギーがあるとは限りません。また、花粉症の人で果物アレルギーがある人は、花粉の時期に果物アレルギーもひどくなる傾向にあります。

果物の種類によって反応する花粉は異なるのが特徴です。果物を食べて何らかの症状が出た場合、果物アレルギーを疑わなければいけません。その場合、病院を受診してどのアレルゲンに反応するのかを調べておく必要があります。特に花粉症の人は、果物アレルギーの可能性が高くなるため、どのアレルゲンがあるのか調べておくことが大切です。