花粉症にお悩みの方、辛いですよね。そんなあなた、なぜ、あなたが花粉症なのかご存知ですか?遺伝?それとも後天性?ここでは花粉症の原因と治療法など、花粉症の根本となる悩みの点を中心に詳しく述べていきます。

花粉症の女性

花粉症と特定原材料とタコについて

食品アレルギーなどの特定原材料には、主な材料があります。食品アレルギーを発症しやすい特定原材料はいくつかがあり、そのほかにも可能性を含んだ食材があります。食品アレルギーの原因となる特定原材料として、卵や小麦、そばや乳、カニやエビ、それに落花生などがあります。特定原材料に準ずるものに準ずるものとしては、オレンジやバナナ、クルミや大豆、牛肉や鶏肉、サケやサバ、ごまやカシューナッツなど、ほかにもあります。

食品アレルギーとして、軟体動物のイカやタコ、あさりやホタテなどもあります。こうしたタコやイカなどといった頭足類の中では、食品アレルギーはイカがアレルギーを引き起こす頻度が高いです。タコやイカなどの軟体動物によるアレルギーは、重篤症状であるアナフィラキシーショックを起こす可能性もありますから、注意をする必要があります。ですがイカと比べてみると、タコによるアレルギー症状の発症の頻度は、それほど高くはありません。

花粉症は今や日本人の多くの人が、他人事ではない症状となっています。花粉症の原因の一つには、現代の食生活の欧米かも指摘されているため、食事の栄養を正すことも大切になります。つらい花粉症の症状は、腸内の環境をすこやかに整えてゆくことで、体内の免疫力をアップすることができます。抵抗力を高める食材を食べましょう。

花粉症にも良いと言われているのが、ポリフェノールの栄養成分を含んでいる食べ物です。光合成の際に作られるものであり、渋み成分でもあり、色素でもあります。ヒスタミン減少効果もありますし、抗酸化作用もあるので、花粉症の炎症を抑えてくれます。花粉のシーズンが訪れる前から、ポリフェノールを積極的に摂取しましょう。