花粉症にお悩みの方、辛いですよね。そんなあなた、なぜ、あなたが花粉症なのかご存知ですか?遺伝?それとも後天性?ここでは花粉症の原因と治療法など、花粉症の根本となる悩みの点を中心に詳しく述べていきます。

花粉症の女性

花粉症と食事といくらについて

花粉症治療で病院にかかる時、事前に気にかかるのはいくら費用がかかるかです。花粉症治療のために、病院で注射をすると、一体いくらかかるのでしょう。シーズンに1度のみのステロイド注射の場合、目のかゆみや鼻づまり、くしゃみなどの症状も抑えられます。たった1回の注射だけなのに、翌日には症状が軽減されてきて、春のシーズンも快適に過ごすことができます。強力な効果ですが治すものではなく、あくまでもつらい症状の炎症を抑える効果も持つ薬です。掛かる費用にしても、1000円くらいです。

減感作療法でのアレルギー物質注射の場合はいくら程かというと、1回あたりが500円前後です。特定のアレルゲンをほんの少し注射して、徐々にその量を増加させて、数回に分かり注射をします。体内の免疫力を、こうして高めていくことで、花粉症の症状を強くは出ないようにします。医療機関で、保険適用でで切る治療方法です。数回の通院が必要にあるのと、効果が現れるまでには時間も必要ですから、計画的にスタートをすることです。

食事で花粉症対策をしていくなら、食材選びを重視しましょう。花粉症の症状を和らげるには、ヒスタミンの働きを抑えることが大事です。目が赤くなってかゆみを感じたり、くしゃみが止まらなくなったり、鼻水がズルズル出るのも、全てヒスタミンによるものです。食事には低ヒスタミン作用のある食材を使ってみましょう。

食事の調理にも使いやすくて、ドリンクにもできる効果的な食材として、しょうがもあります。ショウガオールという成分を含むしょうがは、ヒスタミンを抑える作用を持っています。IgE抗体はアレルギーの元になるものですが、その産生も抑えるので、花粉症の症状を軽くしてくれます。