花粉症にお悩みの方、辛いですよね。そんなあなた、なぜ、あなたが花粉症なのかご存知ですか?遺伝?それとも後天性?ここでは花粉症の原因と治療法など、花粉症の根本となる悩みの点を中心に詳しく述べていきます。

花粉症の女性

花粉症対策におすすめの注射とザイザル

春先になると、スギやヒノキの花粉が全国に飛び散るので、花粉に対してアレルギーを持つ人にとっては、辛い毎日となります。
くしゃみや鼻水が止まらなくなり、体のあちこちに湿疹や蕁麻疹が出来ることもありますし、目がかゆくなったりもしますから、花粉症がひどい時期には、外出するのが嫌になる人も少なくありません。
かといって仕事を休むわけにもいきませんから、大抵の人はマスクや目薬、ザイザルなどの抗ヒスタミン薬で対処しています。
抗ヒスタミン薬の中でもザイザルは眠くなりにくいので、服用しても、仕事に差し支えるようなことにはなりません。
ザイザルは病院で処方してもらえる薬ですが、病院では他にも花粉症対策にステロイド注射やヒスタミン注射、アレルゲン注射などによる治療を行っています。
ステロイドやヒスタミンの注射はアレルギー症状を抑えるために行うものですが、花粉症の完治を目指すなら、アレルゲン注射を受けましょう。
ステロイド注射は一回で効果があり、1ヶ月~3ヶ月くらいは効果が持続するのが魅力ですが、強い薬は副作用も強く、身体への負担が大きいので注意が必要です。
ヒスタミン注射は1週間に1~2度ずつ、1ヶ月~2ヶ月かけて行うもので、6~10回ほど通えば効果があらわれます。
副作用は蕁麻疹や眠気、頭痛ぐらいで大したことはないので、ステロイドに比べると、ほとんど身体への負担はありません。
アレルゲン注射は特に副作用はないので、気軽に受けられますが、即効性はないので、完治するまで気長に続けなければなりません。
最初の半年は1週間に1度、その後は1ヶ月に1度を2~3年間、36回~48回ほど受ければ完治すると言われています。
一回あたり500円~1000円ほどなので、完治を目指す方におすすめです。